WEB2.0時代のマーケティング

 SEO情報サイト

 SEO情報サイト・TOP> by e-lesson振興協会
SEOニュース
 ・2008/7〜8
 ・2008/5〜6
 ・2008/3〜4
 ・2008/1〜2
 ・〜2007/12

SEOの背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO
 >SEOについて
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEOの手順
 >SEOの具体策
 >SEOのリンク計画
 >SEOのアクセス解析

SEO用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEOに関する貴方の理解
  度は?

SEOリンク集



------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com





 ⇒SEO情報サイトについて
 ⇒SEOについての考え方
当SEO情報サイトについて
 >当サイトは、WEB2.0時代のマーケティング手法の一つである、
  「SEO(Search Engine Optimization)」に関する情報を提供しています。

 >サイト製作者がSEOを意識しながらも、ユーザの利便性を高めた、より質の高いサイトを構築
  できる色々な情報を提供しています。

 > yahoo、googleなど検索エンジンサイトでは、キーワード検索結果がユーザにとってより満足が
  いくよう、日々検索エンジンに改良を加えていますが、これとサイトの質向上が相まって、ホーム
  ページ、ブログに代表される、「集合知」・「情報共有」の世界がより質の高いもになると考えてい
  ます。

 >SEOに関するニュース・最新情報、また、SEOの理解度をチエックするための確認問題も掲載
  しています。サイト製作者におかれましても、当サイトを活用頂き、更なる上位表示と、ユーザに
  とってより有効なサイトを製作されんことを期待しています。
SEOについての考え方
 >SEO対策は、如何により質の高いホームページ、訪問者が満足するホームページを作るかにあ
  ります。

 >なぜなら、検索エンジンが、「質の高いページ」を上位に表示する仕組みになっているからで
  す。yahoo、googleなどの優秀なサーファーが、日々その仕組みを考えています。順位を決定す
  る仕組みは常に改良が加えられ、かなり複雑になっています。

 >SEOは単なるテクニックではありません。小手先のトリックに頼ったSEOを行うくらいなら、中長
  期的な視野でサイト運営を捉え、価値の高い情報発信を行った方が、最終的には得る所が多
  いと考えます。


 >すなわち、HTMLタグをいくらチューニングしても、キーワードをいくら詰め込んでも、情報の価
  値が向上するわけではありません。HTMLタグのチューニングやキーワードの埋め込みは短期
  的な成果に結びつくかもしれませんが、サイト運営を長期的に捉えれば、HTMLタグのチューニ
  ングやキーワードの埋め込みは将来への投資にはならないのです。


 >SEOの目的は、ホームページのアクセスアップですが、アクセスアップはあくまで手段であって
  目的ではありません。最終目的は、それによって何らかの利益を得ることです。最後は製品、サ
  ービスの質にかかってきます。いい製品、いいサービスを提供できない人が運営するサイトには
  SEOは全く無駄なことです。

 >スパム行為は、ましていわんやの行為であり、本サイトでは言及しません。