WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>WEB2.0時代のマーケティング by e-lesson振興協会
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集



------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
































WEB2.0時代のマーケティング
■時代の変化
 >「どのようないい製品、いいサービスがあっても、営業ルートがなければ売れない」という時代
  でした。今は違います。「いい製品、いいサービス」ならそれほど苦労せずに売れる時代です。
  サイトを立ち上げ、関連するキーワードで検索上位表示されるだけ、それだけです。

 >いい情報であれ、悪い情報であれ、多くの人がブログなどで情報を発信し、皆がニーズに合っ
  た形でそれらを見ることができます。yahooとかgoogleといった検索エンジン会社が、それらの
  情報を整理してくれているからです。それが「集合知」の時代です。

WEB2.0とは
 >WEB2.0の定義はあいまいです。それは言葉があとづけされたからで、しいていえばWEBの進
  化を現す単なる流行語ともいえます。またWEBの進化の特徴とトレンドを感覚的に一言で現す
  言葉ともいえます。

 >しかし、その奥に秘められた力は想像を超えるものがあります。Web2.0の時代を迎え、あらゆ
  るインターネットビジネスへの考え方が変わり、既存のビジネスに取って代わる新しいインター
  ネットビジネスが次々と生み出されています。また多くの人がWEBを使うようになりましたが、そ
  の利用者の集合知による新しい創造が渦を巻いて起こっています。

■WEB2.0のキーワード
  重要なキーワードは多々ありますが、まず次のキーワードを十分理解して下さい。

 >WEB2.0の本質:従来の「受信」とそれを支える「検索」から、「受信」「
発信」「検索」「共有」の 
  スパイラルへ。 

 >プラットフォーム:「OS」、「ブラウザ」から「ウエブ」へ。 

 >技術面:オープンソースと、集合知(代表例としての「Wikipedia」)

 >WEB2.0的企業:yahoo、google、アマゾン、ミクシィなど。
   ・パッケージソフトでなくWEBでサービスを提供している企業
   ・ユーザを巻き込んでビジネスを拡大している企業
   ・WEB上にスーパーデータベースをもっている企業

 >ネットの「こちら側」「あちら側」
   ・こちら側:インターネットの利用者、パソコン、・携帯電話・デジカメの装置などリアルな世界
   ・あちら側:情報発信基地というバーチャルな世界

 >ロングテールSNSブログRSSなど
  本サイトは「SEO・検索エンジン最適化の情報サイト」ですので、その中で特に「情報の発信」
  「情報の共有」、「集合知」が重要キーワードとなっています。

■WEB2.0時代のマーケティング戦略
 >WEB2.0の時代を向かえ、マーケティングの世界でも革命が起こっています。購買プロセスも大
  きく変化してきています。

   購買プロセスは従来のAIDMA(アイドマ)からAISAS(アイサス)へ変化しています。
 AIDMA:Attention(注意)⇒Interest(興味)⇒Desire(欲求)⇒Memory(記憶)⇒Action(購入)
  ↓
 AISAS:Attention(注意)⇒Interest(興味)⇒Search(検索)⇒Action(購入)⇒Share(情報共有)
  この流れに沿ったマーケティング戦略と広報活動が求められています。

 >マーケットインという言葉があります。事業を営む企業、団体、個人が、どのような人を対象と
  した営業ルートを持っているかを検証し、そのルートに合った製品、サービスにターゲットを絞り
  提供するというものです。要は、提供したい製品、サービスを自社の技術面、ノウハウ面をベー
  スに検討するのでなく、営業ルートから決めるという考えです。
  しかし、WEB2.0の時代にはそぐわない言葉です。WEBを活用すれば、誰でもどんな営業ルート
  でも開拓できるからです。

 >Web2.0時代のマーケティングといっても決して難しくはありません。提供したい製品、サービス
  をサイトで紹介し、そのサイトを如何に多くの見込み客に見て貰うかだけのことです。これには
  キーワード検索上位表示が鍵を握っています。

■キーワード検索の飛躍的需要アップ
 >それを支えているのは下記の事項です。
   ・WEBを利用するのに必要なインフラ(箱物)の整備(高速化、低価格化)
   ・集合知と、その情報を検索するエンジンの質のアップ