WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>キーワード検索上位の価値 by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
キーワード検索上位の価値
 >「商用サイト」であれ「個人サイト」であれ、アクセス(訪問者)は、お店などの来客と同じ意味
  をもっています。まず来客(アクセス)してもらうことが必要です。アクセスが増加すれば、必ず
  売上げ、収益アップにつながります。

 >何か解らないことがあったら、とりあえず検索エンジン(キーワード検索)で調べてみる時代。
  簡単にWEBで必要な情報を得ることができる現在、自分が望む製品、サービスに関し、まずキ
  ーワード検索で、その内容を、調査、評価しようとします。ユーザ同士が情報交換し、製品、サ
  ービスの評価、使用例や感想が公開・蓄積されている総表現世界です。

 >例えば、築地でおいしいお寿司を食べたいと思った時、次の行動を取る人が多いでしょう。
   @「築地 寿司」でキーワード検索⇒上位に掲載されたお店を抽出
   A「抽出したお店の名前」でキーワード検索⇒ブログなどで実際に行った人の評価をチエック
   B最も自分の希望に合ったお店を選択⇒行った後自分もブログなどで、お店の感想を紹介。

 >有名雑誌の記事を参考に選択するのもいいですが、やはり評価の情報に限りがあり、WEBの
  方が多く人の生の声が聞け、、より自分の希望する所を見つけることができます。

 >例えば、スクールを選ぶ場合も同様です。幅広い口コミ情報を得ることができます。

 >新規顧客を獲得するにも、キーワード検索で不特定多数の人がアクセスしてくれる可能性の
  ある、ホームページ(サイト)のアクセスアップが、最も効率のよい方法です。

 >しかし、貴方のサイトがキーワード検索で上位に表示されなければ、意味がありません。
  一般的なキーワードは、表示されるサイトが通常数十万件ありますが、2ページ目まで(20番
  目以内)に表示されなければ効果がありません(ほとんどアクセスが期待できません)。1ペー
  ジ目と2ページ目でもアクセス数が一桁違うのが一般的です。

 >不特定多数からの検索には、@デレクトリー型検索 Aキーワード検索 の2つがあります
  が、その利用は大部分がAです。デレクトリー型の検索からスタートしたyahooもキーワード検
  索に比重を移しています。キーワード検索の時代です。

 >WEBを利用した広告の方法に、@バナー広告 A検索連動型広告がありますが、後者が主
  流(大部分)です。後者には「yahoo(overture):スポンサードサーチ」「google:グーグルアドワ
  ーズ・グーグルアドセンス」「アマゾン・アソシエイト・プログラム」などがありますが、キーワード
  検索上位表示は、主流になってきている検索連動型広告そのものです。

 >キーワード検索上位の価値:下記ツールを使って、希望するキーワードを入力しその価値を確
  認して下さい。キーワード検索上位表示のサービスを業者に依頼した場合の、料金の一例を
  知ることができます。結構高価ですが、それだけの価値があるということです。
    ☆キーワード検索上位表示料金チエック(by WEBOSS)
      ⇒「築地 寿司」の場合、5位〜10位での表示で、月額約6万円