WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>SEO・検索エンジン最適化について by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
SEO・検索エンジン最適化について
 >SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」を意味しキーワードを入力し
  た時に、自分のサイトが検索結果で如何に上位表示されるようにするかというテクニックです。

 >ランキング付けは機械が行いますので(勿論そのプログラム、ロジックは人間が決めます)、そ
  れに適合したホームページにする必要があり、ランキングプログラムに合わせた工夫がすなわ
  ち「SEO・検索エンジン最適化」といえます。

 >検索エンジンでは、「ロボット」と呼ばれるプログラムを使って、登録されているすべてのサイト
  を評価していきます。ロボットは1ヶ月くらいの周期でサイトを巡回し(といわれていますが、実
  際はもっとサイクルが短くなっています)、そのサイトのランク付けをしていきます。これが、検
  索キーワードで表示される順位に大きく関わっているのです。

 >この順位を上位に表示させる対策本も、多数出版され、さまざまな方法が紹介されています
  が、いずれの情報もじつは推測です。ロボットのアルゴリズムは、どの検索エンジンにおいても
  トップシークレットであり、それを完全に理解しているオプティマイザー(Optimizer)、SEO業者
  は存在しません。さらに評価アルゴリズムは一定ではありません。絶えず変化し続けているの
  です。検索結果(順位付け)の精度は検索エンジンのすなわちyahoo、googleといった企業の
  生命線であるのです。アルゴリズムが明らかになるとそれを悪用する人が出てきて、正しい評
  価ができなくなります。

 >
検索エンジン最大手のyahooも「yahooコンピュータ」で、「ランク付けのアルゴリズムは年々高
  度化して「攻略」しにくくなっており、さらに現在でも頻繁に変更が行われるため、地道にコンテ
  ンツを充実させて認知を広げていく以外に万能で確実な手段は存在しない、と言っていいだろ
  う。」と述べています。SEOを成功させるためには日々研究と実践を繰り返すことが重要です。

 >検索エンジンがHTML ページの中だけを評価していた時代と違い、一般のユーザーに支持さ
  れるサイト(リンクが多いサイト)を検索結果の高い位置に表示するようになっています。最終
  的には、一般ユーザの満足度が高いサイト、支持されるサイトが、上位表示されと考えるべき
  です。その観点を最重要事項として、サイトを製作することが重要です。

 >検索エンジンには、ディレクトリ型検索エンジンロボット型検索エンジンがあります。
  yahooはディレクトリ型から出発しましたが、現在ロボット型に注力しています。googleはロボット
  型がメインですが、ディレクトリ型もあります。数多くある一般検索サイトはディレクトリ型です。
  時代はディレクトリ型から、ロボット型への方向です。WEB2.0のキーワードの一つに、「集合知
  がありますが、それにはより多くの人から情報を得ることができるロボット型が適しているから
  です。