WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>SEMについて by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
SEMについて
 >SEM(Search Engine Marketing)は検索エンジンから自社のサイトへの訪問者を増やすマー
  ケティング手法であり、SEOや、キーワード連動型などの手法があります。

 >もともと、検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人はその分野に関心を持
  っている可能性が高いため、優良な見込み客であると思われていましたが、これを一歩進め、
  検索エンジンを広告媒体として積極的に活用するマーケティング活動がSEMです。

 >インターネットユーザーの約90%が検索エンジンを利用し、約85%が何かを購入するときの
  意思決定の起点に検索エンジンを活用しています。今まさにそのキーワードに関する情報を探
  して意思決定をしようとしているユーザーにターゲットを絞ってメッセージを発信することになり
  ますので、非常に情報の伝達効率の高いまた費用対効果の高いマーケティング手法というこ
  とが出来ます。

 >例えば「三菱電機の冷蔵庫」という検索キーワードで検索するユーザーはきっと、三菱電機製
  冷蔵庫に関する情報を探していると推定できます。ここで三菱電機の冷蔵庫を扱うオンライン
  小売業者へのリンクを提示すればユーザーが喜んでクリックする可能性は高いと思われます。