WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>キーワード検索結果順位決定の仕組み by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
キーワード検索結果順位決定の仕組み
 >yahoo、googleなどの検索エンジンはそれぞれ独自のアルゴリズムで検索結果の順位を決
  めています。各社、「ユーザがより知りたい情報を提供しているサイトを上位表示する」というこ
  とを目指していますが、少なからず順位は異なっています。検索エンジンを利用する人の特性
  が各社で異なっていますから、仕方ないことだとも思われます。

 >検索エンジンはキーワードが入力されると、そのキーワードが含まれるページを抽出し、その
  ページの総合的な評価(ページ自体の有用性)とキーワードとの関連の強さで、表示順位を決
  定します。その仕組みを知ることがSEOの第一歩です。

 >順位を決める要素は一般的に「キーワードを、どのように扱っているか」、「サイトのテーマは
  何か」「リンクポピュラリティの高さは」の三つです。

 >キーワードは、META情報、TITLE、本文のHTML文でどのような頻度、位置、タグで使用さ
  れているかなどが評価されます。複数のキーワードの場合はその「キーワード間の距離」も評
  価の対象となります。

 >「サイトのテーマ」に関しては、入力されたキーワードに対しそのサイトの関連性が評価されま
  す。

 >リンクポピュラリティはリンク数だけでなく、ランクが高いページ、またテーマが近いページから
  のリンクがより、評価されます。

 >ただ、yahooも言っているように、順位付けのアルゴリズムは年々高度化して、さらに現在でも
  頻繁に改良が行われています。地道にコンテンツを充実させていく以外に万能で確実な順位
  アップ手段は存在しないと言えます。順位アップのためには、たゆまぬ努力で研究と実践を繰
  り返すことが必要です。

 >また、大手検索エンジン会社の考え、方針を十分に理解しておくことが重要です。
   ・yahooの表示順について
   ・googleでのサイトの順位