WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>SEO・検索エンジン最適化のアクセス解析 by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
SEO・検索エンジン最適化のアクセス解析
 >サイトへのアクセスデータを解析して、アクセスアップ、サイトの更なる質向上を図ります。
  PDCA(PLAN・DO・CHECK・ACTION)のサイクルを回すことにより、改善を図りますが、ア
  クセス解析がその鍵を握っています。
  
    SEO・検索エンジン最適化のPDCA
               ↓
    計画⇒最適化⇒アクセス解析⇒アクセスアップ対策(改善)
 
 >アクセス解析ツールは色々あります。代表的なものは下記の通りです。無料の場合は、提供
  先のロゴが出ます(但し、訪問者が気付かないほど小さなロゴの場合が多いです)
   ・google
   ・FC2
   ・忍び

 >収集できるデータは下記の通りです。
  @訪問者数
    ・ユニークアクセス、トータルアクセス。日(曜日)、時間ごと。
  Aアクセス元分析(どこからきたか)
    ・キーワード検索からか、リンクされた他サイトからか、お気に入りからか。
    ⇒お気に入りからの比率が低い場合は、リピータが少ないということですので、原因が、製
     品、サービス内容にあるのか、サイトでのPRの方法に問題があるのかを分析し、改善を
     図ることが必要です。他サイトからの訪問客は一般的にあまり多くありませんので、少なく
     ても気にする必要はありません。
  B検索キーワードとそれぞれの件数
    ・目的とするキーワード以外に、色々なキーワードでの訪問者がありますが、各キーワドごと
     の件数。
    ⇒期待していたキーワード以外の訪問者も結構でてきます。特に複数キーワードの場合で
     す。キーワードの月間検索数を調査し月間検索数が比較的多い場合(数千件/月以上)
     で、かつそのキーワードで検索した場合に、自サイトの表示が上位でない場合には、上位
     表示されるような工夫が必要です。
  C訪問者特性
    ・地域:国別、都道府県別
    ・頻度:訪問回数、前回訪問、初回訪問(但し、クッキーがクリアされたらデータは初期状態
     に戻り、リピータでも初回訪問となります。)
  D訪問者のパソコン環境分析
    ・OS/ブラウザ/画面情報/ドメイン

 >重要な指標(キーワード検索順位/アクセス件数/アクセス元毎件数)に関しては、全体の
  関連が一目で解るように一覧表にし、日々チエックすることをお勧めします。