WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>SEO・検索エンジン最適化貴方の理解度は? by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com













SEO・検索エンジン最適化 貴方の理解度は?
 それぞれの問題の回答を数字で選んで下さい。 正解をお知りになりたい方はアンケートにある「理解度テストの回答」欄に回答を記入後、送信して下さい。メールで回答させて頂きます。

■問題1:WEB2.0時代との関連性が強いのはどれですか?(複数回答)
      回答1>アフリエイト、回答2>オープンソース、回答3>楽天、回答4>アマゾン

■問題2:「電通」などの大企業も、ロングテールを追求した方がいい。
      回答1>正しい、回答2> 正しくない   

■問題3:SEOとSEMの関係について、正しいのどちらですか?
      回答1>SEOは、SEMの一部である。
      回答2>SEMは、SEOの一部である。

■問題4:SEOを検討する際、検索サイトに対しての考え方で正しいのはどちらですか?
      回答1>yahoo、googleに対しての対策をとればほぼ目的を達成できる。
      回答2>msn、など上記以外のサイトに対しても十分対策を取るべきである。それがロン
            グテールの考え方である。

■問題5:yahooとgoogleの検索用ロボットの特性に関し、正しいのはどちらですか?
      回答1>yahooはサイトの内容重視、googleはリンクポピュラリティ重視
      回答2>googkeはサイトの内容重視、yahooはリンクポピュラリティ重視

■問題6:キーワード検索の表示順位が、1番の場合と11番の場合で、アクセス件数の比率は
       次の中でどれに近いですか?
      回答1>100:1、回答2>10:1、回答3>5:1、回答4>3:1、回答5>2:1

■問題7:キーワードを選択する場合、下記のどちらを優先すべきですか?
      回答1>「yahoo、googleなどで当該キーワードで検索した場合、右上に表示される、「検
            索した件数」で表示される件数
      回答2>オーバーチュアなどが提供しているツールで調べることができるキーワードの「
            月間検索件数」

■問題8:「築地 寿司」と「築地 すし」では、SEOの観点では、どちらのキーワードが適していま
       すか?
      回答1>「築地 寿司」の方がよい、回答2>「築地 すし」の方がよい。

■問題9:ホームページ作成に関し、SEOの観点で正しいのどれですか?(複数回答)
      回答1>「keyword」METAタグはページに関連するキーワードをリストアップし、すべての
            ページに当てはまるキーワードを盛り込んだ方がいい。
      回答2>「keyword」METAタグはページ固有のキーワードをそれぞれのページに記載し
            た方がいい。
      回答3>重要な名前、コンテンツ、またはリンクを表示するときは、テキストの代わりに画
            像を使用した方がいい。
      回答4>googleは「サイトの順位や PageRank を上げるように設計されたリンク プログラ
            ムに参加しないように」とのガイドラインを出している。
      回答5>パソコンが低解像度の訪問者も意識して、サイトデザインすることが重要であ
            る。せっかくアクセスしてくれた訪問者の一部を門前払いすることになってしま
            うので。

■問題10:アクセス解析に関し、正しいのはどれですか?(複数回答)
      回答1>日付毎、時間毎の訪問者数を知ることができる。
      回答2>訪問者がどのキーワードで検索してくれたかを知ることができる。
      回答3>他サイトからの訪問者に関し、リンク元をほぼ知ることができる。      
      回答4>訪問者が「お気に入りに」登録してくれているかがほぼ解る。
      回答5>訪問者が何回サイトに訪問してくれたかをほぼ知ることができる。