WEB2.0時代のマーケティング
SEO・検索エンジン最適化情報サイト
 SEO情報サイト>WEB2.0時代もろもろ by e-lesson振興協会
 
SEO・検索エンジン最適化
  の背景
 >WEB2.0時代のマーケティング
 >キーワード検索上位の価値
 >ホームページアクセスアップ対策
 >SEMについて

SEO・検索エンジン最適化
 >SEO・検索エンジン最適化
   
について
 >キーワード検索結果
   順位決定の仕組み
 >SEO・検索エンジン最適化
   の手順
 >SEO・検索エンジン最適化
   の具体策
 >SEO・検索エンジン最適化
   のリンク計画
 >SEO・検索エンジン最適化
   のアクセス解析

SEO・検索エンジン最適化
  用語集

WEB2.0時代もろもろ

SEO・検索エンジン最適化
  貴方の理解度は?

SEO・検索エンジン最適化
  リンク集




------------------------
アンケート

■お問合せ先
 >ご質問、ご意見など
 e-lesson@mbr.nifty.com
WEB2.0時代もろもろ
■ キーワード検索件数のこと
 >事業戦略、マーケティング戦略などをたてる時、色々なデータを参考にしますが、WEB2.0時代
  に新たに生まれたデータの一つとして、「キーワードの月間検索数」があります。SEMではおお
  いに活用されていますが、それ以外の活用もあるのではないでしょうか。特に月毎のトレンド
  から、何かが得れそうです。たとえば業界標準の動向(今はDVDの規格争いが熾烈ですが)、
  また株式売買の参考データなども一つの候補です。今後研究していきたいと思っていますが、
  「このように使えるのではないか」とのご意見があれば、是非下記まで連絡下さい。
    e-lesson@mbr.nifty.com (e-lesson振興協会 検索キーワード研究部会宛)

■ロングテールのこと
 >消費者の多様な好みをつかみ、ロングテールを上手く活用できる企業は、WEB2.0的な会社と
  いえます。無数のウエブサイトを利用した、グーグルの「アドセンス」、アマゾンの「アソシエイト
  ・プログラム」がロングテールから莫大な収益を得ている代表例です。一方ポータル型のサイト
  から収益を得ている楽天などは、テールでなく、ヘッドに依存していると言えます。既存の大企
  業、大組織の「ロングテールに関わっていても、固定費ばかりかかって赤字となる。昔ながらの
  8:2のパレートの法則、すなわち20%にリソースを集中させることこそが経営の効率を高める。
  選択と集中こそが、大企業の生き残り策である」との意見は正しいと思います。今後、ロングテ
  ール派との関係に興味がわきます。

■ウィキペディアのこと
 >本サイトでも利用していますが、ウィキペデアとは、ネット上で誰もが、自由に編集に参加でき
  る百科事典で、「集合知」の代表例です。権威ある学者や、専門家を集めて、博識の編集者が
  纏め上げてつくるのが、百科辞典の常識でした。しかしあの権威ある英ネイチャー誌が、ブリタ
  ニカと比較して、両者の正確性、信頼性は同程度であると発表しています。ネット上の自浄作
  用の素晴しさです。

■ブログのこと
 >日記風にかかれた個人のホームページ、「ブログ」。年間1千万アクセスを超えるものも結構
  あり、そこの記事としてサイトが紹介されると、1日のアクセス件数があっと言う間に、数千件
  増えたりします。只、数日間で沈静化しますがーーー。ブログが社会現象化した一つの理由と
  して、ネット上のコンテンツの最大の問題である、玉石混合問題が解決される糸口が見えてき
  たことをあげることができます。検索エンジンの進歩がその糸口であり、SEOとも関係がありま
  す。総表現社会と、この技術の進歩がかみ合って、真に役立つ「集合知」が生まれます。旧来
  ややもすると、まやかしの宣伝に惑わされることがありましたが、真にいい製品、真にいいサー
  ビスを容易に選択できる時代になってきました。